伊藤光建設は、オーダーメード・自由設計の木造注文住宅を手がける青森県青森市の建設会社です
ホーム>家づくりアドバイス
いい家づくりのアドバイス。まず、何よりも大事なことは信頼できる業者に依頼すること。人任せにせず、自分の目で確かめて、安心できる家づくりをスタートしましょう。

よく言われているのは、
地元に近い業者に依頼すること。


将来にわたってその地域で営業をする工務店にとって、地元での信用を落とすことは命取り。よって良心的な仕事が期待できます。 さらに、その地域の気候風土を熟知しているので、その地域に適した家づくりが可能です。また、基本的には自社で施工する元請け業者が安心です。受注した仕事を自社で施工せずにまるごと下請けに出す業者に比べ、中間マージンがなく、価格が抑えられるとともに、仕事に対しての責任感が強まります。入居後のアフターサービスをしてくれるメリットもあります。


建築士やインテリアコーディネーターなどの専門家がどれくらいいるか。


建設業法に基づく許可業者であれば事務所の目に付く所に必ず許可業者証を掲げているはず。さらに住宅の設計及び工事監理を行うためには建築士の資格が必要ですので、チェックしましょう。
その他に、インテリアプランナー、インテリアコーディネーターなどがあり、専門家を抱えているかどうかがその工務店の技術に表れます。
特にインテリアコーディネーターなどは、センスのある空間の提案ができますので、
確認してみましょう。

初めて会ったときから工事の契約までの打ち合わせ間に社長・スタッフが信頼できる人物かはとても重要です。


施主の立場に立ったアドバイスをしてくれる、プロとしての見識をきちんと持っているかを見極めましょう。
また、見積書は工事種別ごとに数量や単価が明記された明細見積書を提出してもらうこと。
一式見積りは施主がその内容をチェックできません。詳細な内容が理解できなければ、解るまで内容の確認をしましょう。

家を建てることは人生の大きな買い物であり、大切な家族と過ごすかけがえのない空間です。自分の家なのですから人任せにせず、住まいへの思いをどんどん伝え、後悔のない家をつくりましょう。

家を建てる、リフォームを依頼する、どちらも現状よりも良い状態にしたいという思いから発生します。
つまり、「いま住んでいる家に対する不満」を改善すること。今度建てる家はこんな風に、という要望の多くは、今現在住んでいる家に対する不満から発生している場合がほとんどです。
キッチンが使いづらい、お風呂が狭い、収納が少ない、などなど。
お客様に接する営業スタッフやコーディネーターは、その不満をたくさん教えてもらうことで、お客様に対する提案が明確になり、より良い家をつくるための道筋をつけていくことができます。いざ打ち合わせのときに忘れてしまわないよう、日ごろから不満点をメモしておくのもよいでしょう。