伊藤光建設は、オーダーメード・自由設計の木造注文住宅を手がける青森県青森市の建設会社です
ホーム>エコひいきな家づくり
ソーラーサーキットの家
ソーラーサーキットの家は、夏は涼しく、冬は暖かい。
自然のエネルギーを利用した快適な住みごこちで、しかも省エネ。


「ソーラーサーキット」は、「外断熱」と「二重通気」を組み合わせた家。「外断熱」とは、家全体を断熱材で包むことで躯体の断熱性能を高める冬季に適した技術です。一方「二重通気」は、躯体の中に設けた二重の通気層を使って気流をつくることで室内の熱や湿気を調節する、夏季に適した技術。
つまり、この二つを組み合わせることで夏も冬も季節を問わずいつでも快適な住みごこちが実現します。 ソーラーサーキットの家は、太陽光や風など自然のエネルギーを利用した技術なので肌にも心にも気持ちよく、また省エネの効果も期待できます。


気密性が高いため家全体があたためられ、居室だけでなく小屋裏や床下まで有効に使うことができます。家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。
通気からは、熱気や湿気を逃がすことで家全体をよりさわやかな環境に保つことができます。夏の悩みのひとつである冷房費の節約にもつながります。
また、支持されるもうひとつのポイントは、結露が発生しにくいということ。
室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく家の長寿命化に貢献します。
≫「ソーラーサーキットの家」を詳しく
青森県認証県産材の家
「地産・地消・地加」地元でとれたものを地元で加工し地元で使う。

木を伐ることは「環境破壊」と思いこんでいる方が多いようですが、実は木を伐って豊かな森林を育てなければ荒廃する森林がほとんど。
青森の山々が育てたヒバやスギを積極的に使い家を建てる、ペレット(木片)を使った蒔きストーブにする、エアコンや暖房等の機械に頼りすぎずCO2排出を抑えた生活を送る。
県産材を使っての建築は、外国や他県産の木材を使うよりも輸送距離が短いため輸送にともなうCO2の排出量が抑えられ地球温暖化防止に貢献。木材を住宅や家具にたくさん利用し手入れをしながら大事に使い続ければ、木材の中に固定された炭素をそれだけ多く長い間蓄えることになり、大気中の二酸化炭素の濃度が上昇するのを抑えるのに役立ちます。
つまり木造住宅を増やしていくことは、街にもう一つの森林を造ることと同じような効果があるといえます。
津軽木材流通センター
新築の達人はリフォームも得意です
限られた資源を有効に使う、笑顔のリフォーム。
慣れ親しんだ住まい。きちんと手入れをしていても、いつかは直すことが必要です。
もし病気があるのなら「治療」も必要です。そして、リフレッシュしたわが家でまたあずましく暮らす。
リフォームは家と家族を笑顔にし、地球にもやさしいですね。 伊藤光建設は、限られた資源を有効に活用するため、リフォームにも力をいれています。

≫伊藤光建設のリフォームについて