伊藤光建設は、オーダーメード・自由設計の木造注文住宅を手がける青森県青森市の建設会社です
ホーム>基礎・屋根・外壁
基礎・屋根・外壁
基礎・屋根、そしてしっかりとした外壁工事は、高断熱・高気密を最大限に生かします。
高気密・高断熱を前提とする「ソーラーサーキットの家」に重要な、家をがっちり支える基礎工事。
温度をコントロールする屋根。家を包む外壁。
徹底した調査と工事でソーラーサーキットの効果を最大限に。

基礎工事
屋根工事
外壁工事
家をがっちり支えると同時に、通気層の空気を管理する土台。
基礎は地熱を利用して蓄熱するコンクリートのベタ基礎です。基礎立ち上がりの外周部にも断熱材を張ります。床や床下は、この外断熱を施した厚いコンクリートの基礎に囲まれているために蓄熱体となり、冬にダンパーを閉じれば外気温の影響を受けません。そのため一年中ほぼ一定の温度で家の温度も安定させることができ、同時に床下を絶えず程よく乾燥させてくれます。
地質調査
地震に強い家を建てるためにも、慎重な地質調査は不可欠です。
地盤造り(ベタ基礎)
たとえ軟弱な地盤でも耐震性の高い頑丈な家を建てるための地盤造成です。
高耐久鉄筋組
基礎、柱、土台などに住宅金融公庫の定めた高耐久性木造住宅基準に適合する設置を施します。
ベタ基礎工事完成
基礎断熱、基礎の外周部にカネライトフォームFⅢ65mm厚(押し出し発砲ポリスチレン)をコンクリート打設と同時に施します。
小屋裏の温度をコントロールする。
これまで屋根から熱は天井裏に断熱材を敷いて遮断する方法が一般的でしたが、これは通気性、高断熱から考えると不十分です。室内に熱を伝えないためには、小屋裏の温度を上げないことがいちばんです。そのために「ソーラーサーキットの家」では外壁と一体になって屋根の外側で断熱するシステムを採用しています。
屋根工事/気密シート敷き
屋根からの外気の侵入、また室内からの暖気との交差による内部結露を防止するために、気密シートを貼りテープ処理を施して隙間をなくします。
屋根工事/SCフォーム
および断熱テープ貼り

屋根からの室内暖気の上昇気流習性による漏れを防ぐために一層目には50mm厚の断熱素材SCフォーム+2層目FⅢ25mm厚(Aタイプ)を継目に交差して断熱効果をより一層高める施工をします。
屋根工事・下地組 根工事
トタン葺下地(12mm厚)の二層目の合板施工をします。
屋根工事/
無落雪カラー鉄板敷き

無落雪屋根カラートタン立平葺の施工完了です。
外壁と内壁、二重の通気層で家を包むから、いつでも快適な室内環境。
高気密・高断熱を前提とする「ソーラーサーキットの家」にとって外壁は、最も重要な働きを求められる部分。断熱素材を二重にしてより効果を高めます。
床組み工事
床鳴りを防止するためのプラスチック束と土台、大引、床根太は耐湿、耐水、防蟻性にすぐれた青森ヒバ材を使用します。
外壁工事・窓
(樹脂サッシ)取付工事

すみ柱の小径は12cm以上の通し柱を使用。公庫基準に定められた措置を施した強固な軸組構造の上で高断熱・高気密住宅には欠かせないPVC(エクセルウインド)を使用しています。
外壁工事・SCフォーム
一層目貼付工事

壁体内の断熱・気密を確保するために断熱素材SCフォーム50mm(Aタイプ)を使用。継ぎ目には気密テープを貼り、隙間を未然に防止します。
外壁工事 KFⅢフォーム
二層目貼付工事

外断熱も屋根同様、SCフォーム(50mm厚)+ FⅢ25mm厚(Aタイプ)を継目に交差して断熱効果をより一層高める施工をします。
外断断熱材施工
(外断熱)

基礎・外壁・屋根と連続して断熱材を貼り付けてアウターサーキット(外側通気)を設けて外断熱の施工を行います。
外壁工事通気銅縁
(アウターサーキット)

貼込 外壁のアウターサーキット(外側通気)によって排湿空間を設け、外壁内の結露を防止します。
外壁工事(軽量モルタル下地の場合)
外壁の仕上げが軽量モルタルの場合は、青森ヒバ材の下地板(9mm?12mm厚)を打ち付けしています。
外壁工事
(サイディング金具止め貼付工事の場合)
15mm厚以上のサイディングを使用し専用金具で施工・貼付します。